クリアハーブミストが公式サイトで50%Offキャンペーン中

頭皮から髪の生え際にでるフケ!もしかしたら脂漏性皮膚炎かも?

脂漏性皮膚炎とは脂漏性湿疹ともよばれ、皮脂腺が多く皮脂の分泌の多い頭皮や顔などに起こりやすいものです。
普段はバクテリアなどから皮膚を守る役目をしている、マラセチアという人に常在する真菌があるのですが、その真菌が異常増殖し、その代謝物が酸化し炎症をおこす事が脂漏性皮膚炎の原因と考えられています。
症状としてはかゆみをともない、赤くなったり皮膚がかさつきはがれてくる場合があり、頭に出来た時はフケと間違われてしまう事があります。

マラセチア菌が異常繁殖する原因としては、ストレスや油の多い食事、洗髪の際の洗い過ぎやすすぎ不足、その他睡眠不足など生活習慣の乱れ、紫外線などが考えられます。

重症化してから治療をはじめる方が多いのですが、慢性化し再発を繰り返すこともあるので早めに治療にとりかかることが必要になります。
治療としてはステロイド剤や増殖を抑えるための抗真菌薬を使用します。医師による治療と共に、自身でもセルフケアをおこないます。
ストレスをためないよう注意し、十分な睡眠をとるようにする事や、バランスのよい食事を摂ることはもちろんですが、皮脂が酸化しにくくなるようビタミンB群を含む食材を摂取するよう心がけてください。
ビタミン剤などのサプリもありますが、納豆や卵、バナナやにんにくもおすすめです。

ビタミンBは身体にためておくことはできないので毎日摂取することが大事です。
治療薬とともに再発する環境をつくらないよう、日常生活を改善することが必要です。

殺菌成分を含む美容液を使う方法もありますが、異変や症状が悪化させる場合もあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です