クリアハーブミストが公式サイトで50%Offキャンペーン中

加齢臭が深刻化中。女性が陥る原因と解消法

中年以降に発生しやすくなる加齢臭は、青臭い様なニオイが特徴の体臭の一種で、2-Nonenalという物質が原因です。
40歳を過ぎたあたりから皮脂の中にPalmitoleic acidという不飽和脂肪酸が含まれるようになり、これが過酸化脂質に酸化・分解される事によって、2-Nonenalが作りだされます。なお、中高年男性特有の体臭と考えられがちですが、元々は臭いに敏感な女性向けの商品開発の研究の際に発見された物質です。
なお、女性の場合は、卵胞ホルモンのEstrogenには皮脂を抑制するという作用があるので、この物質の分泌が正常であれば、2-Nonenalは生産されにくい状態がキープされるので、加齢臭が発生する事はありません。これは、Palmitoleic acidを分解する過酸化脂質は、皮脂が酸化する事により作られているからです。皮脂の分泌が抑制されているという事は、同時に過酸化脂質の生産も抑制されているという事になります。
この様な状態は、Estrogenの分泌が低下する事により、変化する事になります。皮脂の分泌が抑制されなくなるので一部が酸化してしまい、まず過酸化脂質が作り出されます。これが、皮脂の中に含まれているPalmitoleic acidを分解して、2-Nonenalが生産されます。つまり、女性の加齢臭はEstrogenの分泌が低下する年齢以降に発生するという事になります。逆に、加齢臭女性を解消するためには、ホルモンバランスを改善する方法が効果的です。特に、Estrogenと分子構造が類似しているイソフラボンという成分の補給が効果的です。

そうだ、頭皮の臭いを治したい気持ちを購入に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です