においの豆知識:遺伝子と匂いと運命の人

においというのは、人の印象を左右する大事な要因の一つです。

恋愛においても重要なファクターとなっており、よくパートナーの匂いが好きだ、という話を耳にします。

またこのにおいで運命の相手が分かると言われています。

どうしてにおいで運命の相手を決めることができるのでしょうか。

人にはヒト主要組織適合抗原、通称HALというものが存在します。

このヒト主要組織適合抗原は人間の体臭に影響を与えています。

そしてこのHALの型は遺伝子によって決定されています。
つまり人のにおいというのは遺伝子によって決められているのです。
また人は自分から遺伝子が遠ければ遠いほどその人のにおいを良いものと感じ、
逆に近いと不快に感じてしまいます。

遺伝子同士が遠い方がより強い遺伝子を残せるため、
このようなメカニズムになっていると言われています。
よく娘が父親をクサイと文句をつけるといった話を耳にしますが、決して勘違いではなく、
家族であるため遺伝子が近く、父親の匂いを不快に感じてしまうのです。
以上のように匂いで運命の人を判断できるというのは、生物学の観点からも正しいと言えます。
また好きな人の匂いだから好ましいのではなく、匂いが好ましいためその人に好意を寄せているのです。
自分にとってクサイと思う相手と付き合う方は少ないですよね。
余談ですが人によってにおいの感じ方が異なるため、
自分にとっては素敵な香りも他人にはクサイと感じるといった感覚のズレが生じます。

頭皮の臭い秘密対策!クリアハーブミストの続きはこちらから